ゴルフスイングが上手くならない原因は技術より体です。

皆さんこんにちは、広島にあるゴルフ×パーソナルトレーニング カートレスタジオです。

https://www.instagram.com/turtle_fitness/ がオーナーのパーソナルジムです。

当スタジオでは、ゴルフコンディショニングスペシャリストの有資格者が提供する、ゴルフコンディショニングプログラムがとても人気です。

カートレスタジオでは、ゴルフスイングの土台となる体作りに関して、実際にプロゴルファーも行っているプログラムも提供して、ゴルフの上達にサポートできるレッスンを行っています。

ゴルフの打ちっぱなし場とラウンドのスイングに乱れがある

ゴルフを始めたばかりで、練習場で打ちっぱなしをするけど、なかなかゴルフが上達しないと悩んでいませんか?

打ちっぱなし場ではたまに上手く行くけどコースに行くと、なかなかうまくボールに当たらない。

練習場みたいには全然うまくいかない。

そんなこと思ったことがありませんか?

この原因のほとんどが体にあるんです。

今回は、ゴルフのスイング技術よりも最も大切な体作りに関して解説していきます。

ゴルフを早く上達したい、楽しめるようになりたい!そう思ってる方はぜひ最後までご覧ください。

打ちっぱなし場は平らですがコースは?

練習場ではうまくいくけど、コースではうまくいかない原因の1つが足元が平ではないと言うことです。

ドライバーに関しては、同じような条件に近いですが、それ以外のクラブは100%打ちっぱなし場とは条件が違います。

要するに、打ちっぱなし場で、どんなに練習しても、ラウンド中はうまくいかないということです。

では、プロゴルファーはなぜ実際にスイングの練習をするのでしょうか?

これは体の動かし方を定着させ、スイングの軌道を確認するために何度も行っています。 

では、一般ゴルファーと比べてどうでしょうか。

まず体作りができていません。

スイングの技術も安定していません。

その状態で、どんなに練習場でスイングをひたすら振ったとしても、なかなか上手くならないのはわかりますよね。

スイングをすると言う事は体を動かすということです。

もし体がものすごく固かったらどうでしょうか?

体が回らなくてスイングにならないでしょう。

実際にプロゴルファーからすると、一般のゴルファーは体が硬く良くそれでスイングできるよねって思う方がほとんどです。

ですが、実際にスイングレッスンと言うのはたくさん行われています。

何故かと言うと、今の体の硬さの状態でも、スイングの技術が身に付けばカバーができると言う理論があるからです。

例えば、いつも右に曲がってしまう人の場合、少し左に向いて打てばまっすぐ行きますよね。

逆にいつも左に飛んでしまう人の場合、少し右腕はどうまっすぐ玉が落ちると思います。

このような場合、ある程度技術でカバーできるよっていうのがスイングレッスンの目的です。

ですが、これに加えてコースに出た場合、足元の角度や距離感の感覚、馬の雰囲気、体力や集中力などスイング技術以外に様々なことが関係してきます。

一般ゴルフやエンジョイゴルファーは、もちろんプロを目指してやっているわけではないと思います。

1度100を切ってみたい、毎回100を切れるように楽しむ程度のプレイをしたい、毎回90台で回りたい、よりも飛距離を上げたい、人、それぞれ様々な悩みや目的があると思います。

その最終目的は楽しめれるかどうかというところだと思います。

思うようにできなかったことや、ミスが連発してしまう、久々にとんでもなく悪いスコアを出してしまった、そのようなことが何度も続いてくると楽しくてやっているゴルフもなかなか楽しめなくなってきますよね。

そうならないために、日々前進または後退しないようにしていくことが大切だと言う事は、誰もが身に感じていると思います。

そこで大切なのが、やはりゴルフをする上での体作りになります。

体作りといっても、ただトレーニングをすればいいと言うわけではありません。

体が硬い人は柔軟性が必要ですし、18ホール回るための体力も必要とします。

ミスを出した後の切り替えのメンタルが必要だったり、しっかりスイングするための下半身の筋力ももちろん必要となってきます。

基本的には一気に衰えることがなく、自分の気づかないうちに衰えていってることが多く、ほとんどの人が危機感を感じる事はなかなかないでしょう。

もしゴルフがある程度できる人で、危機感を感じられると言うすれば、最近飛ばなくなったということぐらいでしょう。

そもそも、うまくボールに当たらないまたは、ミスが多い場合は、この衰えもなかなか感じにくいと思います。

ですが、この衰えや、最近うまくいかなくなった、そういったことを感じたときには、かなりそっちの方向に既に向かっていたと言うことになってきます。

誰もがそうならないために、早く手を打つことが先決です。

そこでお勧めしているのが当スタジオで行っているゴルフのプログラムです。

基本的には50分の12回のプログラムを受けられている方が多いです。

プログラムを受けられた方のほとんどは、こんなに体が硬いならスイングする時の体が上手く回るわけないよね。

体力が衰えてるから、それは集中力も落ちて後半のスコアも悪くなるよね。

今までわからなかった悩みに直面します。

そして、プログラムを行いながら、そういったことを解決していく上で、体が周り出した、距離が伸びだした、スコアがまた良くなってきたそういった結果が見えて喜ばれています。

実際に、ゴルフに必要な柔軟性があったり、筋力がある場合、なかなかゴルフが上達しない原因はスイング技術にあるのは事実です。

ですが、ほとんどの方は、柔軟性や筋力のバランスが悪く、そこを磨いていくことで、ゴルフ技術を最小限にすることで、上達が速くなっていきます。

今のオフシーズンだからこそ、スイング練習ばかりではなく、今持っている体と向き合うことで、またシーズンが来たときにゴルフが楽しめれる体の準備をしてみませんか。

1人でも多くのゴルフ愛好家の方やエンジョイゴルファーの方に、スイングだけではなく、体を動かしていくことで、ゴルフが上達すると言うことを気づいていただきたいと思っております。

まずはお気軽に一度体験にお越しください。

当スタジオのゴルフプログラムについてはこちら→https://golftraining-hiroshima.jp/

その他の投稿はこちらもご覧ください→ https://golftraining-hiroshima.jp/blog/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【こちらの記事も参考にしてください】

上達しない理由は筋力の低下

ゴルフの飛距離アップに向けた筋トレメニューとトレンドアイテム

ゴルフトレーニングをするとスコア上がらない原因を解決出来る

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ゴルフスイングに必要な能力を総合的に高めるプログラムが、当スタジオの【ゴルフコンディショニング】です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP