ゴルフが上手くならない人は筋力の低下が原因

皆さんこんにちは、広島にあるゴルフ×パーソナルトレーニング カートレスタジオです。

サムネイル画像の石川遼選手、1年で体がかなり大きくなりましたよね。

https://www.instagram.com/turtle_fitness/ がオーナーのパーソナルジム

当スタジオでは、ゴルフコンディショニングスペシャリストの有資格者が提供する、ゴルフコンディショニングプログラムがとても人気です😊

パーソナルトレーニングもございますので、ダイエット目的の方にもおすすめです。

その他の投稿はこちらもご覧ください→ https://golftraining-hiroshima.jp/blog/

今回は、ゴルフが上達しない理由として筋力の低下が原因な理由を5つ紹介します。  

結論から言いますと、ゴルフは正確に遠くへ飛ばすスポーツであるため、どうしても筋力が必要になります。  

その筋力が弱っていく事はデメリットしかなく、アップさせる事はメリットしかありません。

下記に筋力が弱ると起きてしまうことを紹介します。

1. スイングの制御が難しい: 筋力が低下していると、スイングをコントロールすることが難しくなります。適切なフォームを保つことが難しくなり、スイングの安定性が失われることがあります。

2. スイングのパワー不足: 腹筋や背筋の筋力が低下していると、スイング時のパワーが不足し、ボールを遠くに飛ばすことが難しくなります。

3. インパクトの安定性が欠如: 筋力の低下により、スイングのインパクト時に安定性が欠如してしまいます。ボールに対して正確に打つことが難しくなります。

4. パフォーマンスの向上が難しい: 筋力の低下により、スイングや打撃に必要な力を発揮することが難しくなり、ゴルフのパフォーマンスが向上しづらくなる可能性があります。

5. スコアの向上が困難: 筋力の低下により、スイングや打撃に十分な力が発揮できず、スコアの向上が困難になる可能性があります。

スイングレッスンや、ゴルフレッスンでは、クラブを振る体の動かし方を教えてくれますが、その体の動かし方は、誰もが柔軟性や筋力に違いがあり、どんなにレッスンを受けて、練習場に何度も通い、定期的にラウンドをしたとしても、クラブを振る体の使い方には限界があります。

そこに気づいたときには、ゴルフのトレーニングがどれだけ必要なのかを、お分かりいただけると思います。

これから長くゴルフと付き合っていくために、そしてもっと伸び代を上げるためには、ゴルフコンディショニングをアップさせる事は必要となります。

実際に、ゴルフの上手な方や、まだ初級者の方、様々な方がゴルフトレーニングを受けにこられておりますが、正直、どのようなゴルフプレーをされる方も、スイングやスコアに直結して良い結果を出されています。

ラウンド中の体の使い方に関しましては、斜面に合わせて体を傾けたり、傾きに対して体を抵抗させたり、いろいろな理論のアドバイスの動画を見かけますが、結局はゴルフコンディショニングをアップさせ、自然と体がクラブを振る身体能力や、適応能力を身に付ける必要があります。

ボールを打つ時の状況に体を合わせられるようになるのが最終ゴールだと思います。  

頭でわかっていても、体がわからない。よくある話ですが、

逆に、ゴルフコンディショニングを行っていくことで、頭で考えなくても体がわかっている状態にできることが1番ベストですよね。

これらの能力を総合的に高めるプログラムが、当スタジオの【ゴルフコンディショニング】です。

  1. ゴルフトレーニングジム

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP