ゴルフの飛距離アップには筋トレが必要?

皆さんこんにちは、広島にあるゴルフ×パーソナルトレーニング カートレスタジオです。

https://www.instagram.com/turtle_fitness/ がオーナーのパーソナルジム

当スタジオでは、ゴルフコンディショニングスペシャリストの有資格者が提供する、ゴルフコンディショニングプログラムがとても人気です😊

パーソナルトレーニングもございますので、ダイエット目的の方にもおすすめです。

その他の投稿はこちらもご覧ください→ https://golftraining-hiroshima.jp/blog/

今回は、飛距離を伸ばすために、筋トレが必要な理由を5つ解説しています。

30代40代の方は、飛距離に関して、まだそこまでの意味がないかもしれませんが、60代70代になってくると必ず飛距離が落ちていきます。

その結果、昔みたいに飛距離をまた伸ばしたい。そういった悩みが必ず大きくなってきます。

要するに、飛距離が落ちる原因は筋力の衰えにあります。

スイング練習でミート率が上がれば、もちろん、飛距離が伸びる理由になりますが、スイングをすると言う事は、筋肉を使うと言うことで、やはり筋肉を必要なところにつける必要があります。

ゴルフで飛距離を伸ばすために筋トレが必要な理由は次の5つです:

1. パワーの向上:筋トレにより脚や背中、上半身の筋力が増すため、スイングの際により多くのパワーを発揮できます。これにより、ボールをより遠くに飛ばすことが可能になります。

2. スイングの安定性:コア(腹部と背中の筋肉)を鍛えることで、スイング中の体の安定性が向上します。バランスが良くなることでスイングのコントロールがしやすくなります。

3. 一貫性の向上:筋肉を強化することでスイングの一貫性が増し、同じフォームで繰り返しスイングできるようになります。これにより、ミスショットが減ります。

4. 怪我の予防:筋力を向上させることで、関節や筋肉への負担が軽減され、怪我のリスクを低減させることができます。健康的な体を維持しながらゴルフを楽しむことができます。

5. 長期的なパフォーマンス向上:定期的な筋トレは身体の基盤を強化し、ゴルフのパフォーマンスを長期的に向上させる助けになります。持久力や体力が向上し、ゴルフをより楽しむことができます。

これらの理由から、ゴルフで飛距離を伸ばしたい場合は、定期的な筋トレを取り入れることが重要です。ただし、トレーニングには適切なフォームと無理のない範囲で行うことが大切です。

個別の体力や健康状態に合わせてトレーニングを調整する必要があります。

初心者の方は、スイングが上手くなり、中級者や上級者の方は、ミスショットが減る、スコアが安定する、集中力が上がる、メンタルが強くなる、傷害が減るなど。

これらの能力を総合的に高めるプログラムが、当スタジオの【ゴルフコンディショニング】です。

https://golftraining-hiroshima.jp/program/golf-conditioning/

  1. パーソナルトレーニング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP