ゴルフスイング初心者は打ちっぱなしよりトレーニングが大切!ポイントは5つ

皆さんこんにちは、広島にあるゴルフ×パーソナルトレーニング カートレスタジオです。

当スタジオでは、ゴルフコンディショニングスペシャリストの有資格者が提供する、ゴルフコンディショニングプログラムがとても人気です。

https://dietkintore.com/clp/golf-training/

パーソナルトレーニングもございますので、ダイエット目的の方にもおすすめです。

今回は、ゴルフスイングが上手にならない原因として、根本が体にあると言う理由を解説します。

ゴルフスイングは体の柔軟性や筋肉が関連する要因を5つに分けて説明します。

1. 柔軟性不足

柔軟性不足はゴルフスイングに多くの影響を与える要因の一つです。詳しく説明します:

– 肩の柔軟性: ゴルフのスイングは肩の可動域を多く使用します。肩の柔軟性が不足していると、スイング中に適切なバックスウィングやフォロースルーを行うのが難しくなります。十分な肩の柔軟性を確保するために、肩を円を描くように円を描くように回すストレッチや適切なストレッチを行うことが重要です。

– 背中の柔軟性: 背中の柔軟性もスイングに大きな影響を与えます。背中の柔軟性が不足していると、背中の回転が制限され、スイングの幅や力が制約されることがあります。背中の柔軟性を向上させるために、背中と腰のストレッチを行うことが役立ちます。

柔軟性を向上させるためには、定期的なストレッチやヨガの練習が役立つでしょう。プロの指導を受けながら、特にゴルフ向けの柔軟性向上プログラムを導入することで、ゴルフスイングの質を向上させることができます。

2. 筋力不足

ゴルフは全身の筋力が重要で、特にコア筋や下半身の筋肉がスイングに大きな役割を果たします。詳細を説明します:

– コア筋の重要性: コア筋(腹部や背中の筋肉)は、スイングの安定性とパワーの源です。コア筋が強化されていないと、適切な体の回転やバランスを維持するのが難しくなり、スイングの一貫性や飛距離に影響を及ぼします。

– 下半身の筋肉: 脚や臀部の筋肉は、スイングの力を生み出すのに欠かせない役割を果たします。特にスイングのダウンスウィング時に下半身の筋肉を使うことで、ボールを遠くに飛ばす力を生み出すことができます。

筋力を向上させるためには、ウェイトトレーニングやエクササイズを取り入れることが大切です。コアトレーニングやスクワット、デッドリフトなど、ゴルフに適した筋力トレーニングプログラムを実施することがおすすめです。プロの指導を受けながら、全身の筋力を均等に鍛えることで、ゴルフスイングのパフォーマンスを向上させることができます。

3. バランスの欠如

バランスが悪いと、スイング中に体が安定せず、正確な打球が難しくなります。詳しく説明します:

– スイングの安定性: ゴルフスイングは高速で複雑な動きです。バランスが欠如していると、スイング中にブレたり、体の位置が不安定になり、一貫性のあるスイングを維持するのが難しくなります。これはミスショットや飛距離不足の原因となります。

– フォロースルーの重要性: バランスが良いと、スイングの終わりにしっかりとフォロースルーを行うことができます。フォロースルーはボールの方向や飛距離に大きな影響を与えるため、バランスの欠如はスイング全体の効果を損なうことにつながります。

バランスを向上させるためには、定期的なバランストレーニングが必要です。バランスボードやヨガのポーズなどを活用して、体の中心を強化し、スイング中の安定性を向上させることができます。また、バランスを改善することで、スイングの精度と一貫性を向上させることができます。

4. 関節の制限

関節の可動域に制限があると、適切なスイング動作を行うのが難しくなります。詳細を説明します:

– 肩関節の制限: ゴルフのスイングでは肩関節が広く動かされます。しかし、肩関節が制限されていると、バックスウィングやフォロースルー中の適切な回転が制約され、スイングの幅や力が制限される可能性があります。肩関節の制限はスイングの一貫性と飛距離に悪影響を及ぼします。

– 股関節の制限: 股関節の柔軟性も重要です。股関節が制限されていると、体の回転や腰の動きが制約され、スイング中のバランスを崩す可能性があります。これは正確なスイングを難しくし、スライスやフックといった問題を引き起こすことがあります。

関節の制限を克服するために、適切なストレッチとモビリティエクササイズが必要です。特に肩や股関節を柔軟に保つために、関節の可動域を広げるストレッチとエクササイズを定期的に行うことが重要です。これにより、スイング時の制約を軽減し、パフォーマンス向上に貢献します。

5. プレー前の適切な準備不足

スイング前に適切なウォームアップやストレッチを行わないと、柔軟性や筋力が発揮しきれず、スイングの質が低下します。詳細を説明します:

– ウォームアップの不足: ゴルフラウンドを始める前に適切なウォームアップが行われないと、筋肉や関節が冷たく硬くなっており、スイング中に怪我のリスクが高まります。また、ウォームアップが行われないと、初めのホールでスイングの安定性や精度に問題が生じることがあります。

– ストレッチの不足: スイング前のストレッチは柔軟性を向上させ、筋力を活性化させるのに役立ちます。十分なストレッチを行わないと、スイング中に筋肉の緊張や制約が生じ、スイングの一貫性が低下し、ミスショットが増えることがあります。

ゴルフをプレーする前に、軽い有酸素運動や関節の可動域を拡げるストレッチを行うことが重要です。ウォームアップとストレッチを組み合わせた適切なプレー前の準備は、ゴルフスイングの質とパフォーマンスを向上させ、怪我のリスクを軽減するのに役立ちます。

これらの要因を克服するために、継続的なストレッチやトレーニングを行うことが重要であります。

これらはゴルフを行う上でとても重要な土台となり、土台が不安定な状態でスイングレッスンを行ってもなかなか安定しないのが現実です。

近年、一般ゴルファーでも、ゴルフのトレーニングやエクササイズを取り入れ、飛距離が上がり、スコア良くなった事例がたくさん出ているため、一般ゴルファーもゴルフを楽しむ上で土台を作ることをお勧めしています。

その他の投稿はこちらもご覧ください→ https://golftraining-hiroshima.jp/blog/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【こちらの記事も参考にしてください】上達しない理由は筋力の低下

ゴルフの飛距離アップに向けた筋トレメニューとトレンドアイテム

ゴルフトレーニングをするとスコア上がらない原因を解決出来る

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ゴルフスイングに必要な能力を総合的に高めるプログラムが、当スタジオの【ゴルフコンディショニング】です。

  1. ゴルフストレッチ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP