広島でゴルフ上達のトレーニングならカートレスタジオへ

皆さんこんにちは、広島にあるゴルフ×パーソナルトレーニング カートレスタジオです。

https://www.instagram.com/turtle_fitness/ がオーナーのパーソナルジムです。

当スタジオでは、ゴルフコンディショニングスペシャリストの有資格者が提供する、ゴルフコンディショニングプログラムがとても人気です。

なぜかと言うと、実際にプロゴルファーが行っているプログラムを行っている為、とても成果の出やすい内容になっています。

ゴルフ上達には尽きない悩みとは

もしゴルフをやり始めたけど上手くいかない、いまいちスイングがしっくり来ない、スイングが安定しない、飛距離が下がってきた、など悩みがある場合はが原因はスイング技術ではなく『カラダ』に主な原因にある為、その場合、当スタジオでゴルフレッスンを受けていただくことで、今ある自分の体の状態と向き合うことで答えが見つかってきます。

当スタジオで提供している。ゴルフコンディショニングと言うのは、一般的にはフィジカルと言われる部分であり、人それぞれが持っているパフォーマンスを上げていくためを目的とした内容となっております。

ゴルフトレーニングとは?

ゴルフトレーニングと言うと、筋トレのようなトレーニングばかりするようなイメージをもたれるかもしれませんが、実は全く違います。

ゴルフのパフォーマンスを上げるという意味で、一般的にはゴルフトレーニングやゴルフコンディショニング、フィジカルトレーニングなどと言われています。

例えば柔軟性がしっかりある人はトレーニングがメインとなり、

ゴルフに必要な柔軟性がない場合は、柔軟性を上げることがパフォーマンスアップにつながったり、どちらもバランスが悪い場合は、柔軟性をアップさせながら、筋力のバランスを整え、ゴルフのパフォーマンスを上げるといったプログラムの内容をまとめて、ゴルフトレーニングと言われています。

一般的にはきついトレーニングをするのかな?と思われるイメージも持たれますが、基本的にはゴルフに必要な柔軟性がない方が多く、プログラムの主はゴルフに必要な柔軟性をアップさせる。

いわゆる一般的に行われている静的なストレッチではなく、体をゆっくり動かしながら伸ばしていく動的なストレッチが主に必要となってきます。

これらの要素は練習場でどんどん球を打っていくことで、アップさせる事は難しく、やはりクラブを握らず、体に覚えさせる必要があります。

ゴルフを好きで行っているけど、あまり運動はしていない。そういったからの場合は、柔軟性や筋力が年々衰えていき、今までできていたようなゴルフのパフォーマンスを保つことがすごく難しくなってきます。

そういった悩みを慣れてる方がよくゴルフトレーニングにお越しいただき、99%の方がラウンド回数をこなしたり、打ちっぱなし上で練習しても、それはなかなかうまくいかないよねと気づかれます。

広島にもいくつかプログラムを提供しているところはあると思いますが、やはり基本的にはスイング技術を教えるところがとても多く存在しています。

その他にはマシンを使って、筋力をアップだけを試みているような実際にゴルフをしたことがないパーソナルトレーナーも多く存在しています。

実際にゴルフをやっている私も、ゴルフトレーナーに実際になり感じた事は、柔軟性がある上でゴルフに必要な筋力を身に付け、そこに神経系やリズム感覚、適応能力、そのような感覚をアップさせ、どのような足元の状態でも、体幹がそれに合うような体が作れてくると、スイング技術は無理に考えることなく、自然とボールがうまく飛ぶようになってきます。

ゴルフトレーニングでスイングは良くなる?

ゴルフスイングにおいて柔軟性が必要な理由は多岐にわたります。まず、柔軟性はスイングの振り幅を向上させ、最適なクラブヘッドのスピードを発揮するのに不可欠です。柔軟性が十分でない場合、制限された動きがスイングに影響を与え、飛距離や制御性に悪影響を及ぼす可能性があります。

柔軟性は関節の可動域を拡大し、これがスムーズで自然なスイング動作を可能にします。例えば、バックスイングの際に膝や腰の柔軟性が十分でないと、適切なクラブヘッドの位置に体を回転させることが難しくなります。柔軟性の向上は、これらの動作がより円滑かつ自由に行われることを促進します。

また、柔軟性が備わると、スイング中の身体の緊張が軽減されます。これにより、余分な力を抑え、よりリラックスした状態でクラブを振り抜くことが可能となります。緊張の少ないスイングはコントロールを向上させ、精密なショットを生む要因となります。

さらに、柔軟性は怪我の予防にも寄与します。ゴルフは反復的な動作が多く、特にスイングの過程で関節や筋肉に負担がかかります。柔軟性が十分であれば、これらの部位のストレスを軽減し、ゴルファーは怪我のリスクを低減できます。

柔軟性向上には、定期的なストレッチングや体操が必要です。特に肩、背中、腰、脚の柔軟性を重点的に鍛えることが効果的です。これによって、スイングに必要な各部位の柔軟性が向上し、全体として一貫性のあるスイングが実現されます。

練習においても柔軟性を意識したトレーニングが重要です。振り幅を大きく取りながら、様々な角度からスイングを行い、体の各部位を柔らかく動かすことで、実践的な柔軟性が身につきます。

総括すると、ゴルフスイングにおいて柔軟性は、振り幅の向上、スイング動作のスムーズさ、緊張の軽減、怪我予防など様々な要素に影響を与えます。柔軟性向上はゴルファーがより効果的で効率的なスイングを追求するために欠かせない要素と言えるでしょう。

練習場で打ちっぱなしばかりやっていた方がゴルフトレーニングを取り入れることで、飛距離が上がりラウンドが楽しくなり、ゴルフの上達をさらに感じよりゴルフを長く楽しめる体が作れてきます。

12月末まで5名様限定でお得なキャンペーン実施中ですので、ぜひお早めに体験のご連絡をお待ちしております。

当スタジオのゴルフプログラムについてはこちら→

https://golftraining-hiroshima.jp/

その他の投稿はこちらもご覧ください→ https://golftraining-hiroshima.jp/blog/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【こちらの記事も参考にしてください】

上達しない理由は筋力の低下

ゴルフの飛距離アップに向けた筋トレメニューとトレンドアイテム

ゴルフトレーニングをするとスコア上がらない原因を解決出来る

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ゴルフスイングに必要な能力を総合的に高めるプログラムが、当スタジオの【ゴルフコンディショニング】です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP