ゴルフの引っ掛けはトレーニングで治る!

皆さんこんにちは、広島にあるゴルフ×パーソナルトレーニング カートレスタジオです。

https://www.instagram.com/turtle_fitness/ がオーナーのパーソナルジム

当スタジオでは、ゴルフコンディショニングスペシャリストの有資格者が提供する、ゴルフコンディショニングプログラムがとても人気です😊

パーソナルトレーニングもございますので、ダイエット目的の方にもおすすめです。

その他の投稿はこちらもご覧ください→ https://golftraining-hiroshima.jp/blog/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【こちらの記事も参考にしてください】

ゴルフトレーニングをするとスコア上がらない原因を解決出来る

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ゴルフって本当に悩みが尽きないですよね。

初めはスライスでボールが右に行かなくて困ったけど、クラブのコントロールが良くなってきたら逆に球が左に曲がりだす。

その曲がる要因って、いろいろありますが、でも一番大きな原因は、クラブヘッドの軌道が正しくないっ事です。

ドライバーショットでスタートホールやロングホールを攻めたい気持ちはわかるけど、OBしてしまって「またかよ…」ってガッカリした事もありますよね。

私はあります笑

ゴルフってできてた事が出来なくなったり、出来なかったことが出来ると、また別の悩みが出てくる。

どんなにスイングの練習しても上手くいかないこともあると思います。

その原因の多くは、筋力と柔軟性が関係しています。

当たり出すと、どうしても飛ばしてやろうと力んでしまったり、ミスをすると、ミスを挽回しようと思って力が入りすぎたり、そんなこともありますよね。

筋力と柔軟性のバランスが悪い状態で、力だけを使ってスイングをしてしまうと、乱れがすごく起きやすくなります。

体を起こした状態でクラブを握り、左右に振って見てもできるだけ同じ位置にクラブは返ってくると思います。

ですが、ゴルフのスイングとなると体を前傾させるため軸がわからなくなってくる結果、同じ位置にクラブが返ってこないということが起きます。 

そこに加えて、立った状態は、体幹と上肢だけでスイングをしますが、前傾になった状態では下肢も使う為、どうしても下半身の筋力が入り、重心の移動も必要になってくるため、立った状態よりスイングが難しくなります。

要するに、引っ掛けるゲ原因の根本は、体の筋力と使い方、柔軟性を改善する必要があると言うことです。

どんなにスイングの練習をしても、この筋力や柔軟性が確保できなければ、いつになっても悩みをなかなか消えません。

ゴルフで引っ掛ける原因を、トレーニングで改善できる理由として5つ解説します。

1.筋力と柔軟性の向上  適切な筋力と柔軟性を身につけることで、スイング時の体のバランスと動きが向上し、引っ掛ける原因となる不正確なスイングパスを修正できます。

2.身体のコントロールと調整 トレーニングによって身体のコアやバランスを強化することで、スイングの際により正確な軌道を保ちやすくなり、引っ掛けを減少させることができます。

3.スイングメカニクスの改善 専門的なトレーニングを通じて、正しいスイングメカニクスを学び直すことができます。スイングプレーンやタイミングなどの要素を改善することで、引っ掛けを防ぐスイングが身につきます。

4.腰の回転と下半身の連携 下半身の筋力と腰の回転の調整をトレーニングで行うことで、スイングの推進力と正確性が向上し、引っ掛けるリスクを軽減できます。

5.メンタル面の向上 トレーニングは自信と集中力を高める助けとなります。スイングの際に冷静な状態を保ち、引っ掛ける恐怖や緊張を軽減することができるため、スコア向上につながります。

これらの理由により、トレーニングはゴルフで引っ掛ける原因を改善し、より一貫性のあるスイングと正確なボールの飛びを実現するのに役立ちます。プロの指導やトレーニングプランを通じて、効果的な改善が期待できます。

これらの能力を総合的に高めるプログラムが、当スタジオの【ゴルフコンディショニング】です。

https://golftraining-hiroshima.jp/program/golf-conditioning/

  1. ゴルフトレーニング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP