ゴルフ上達にはスイング練習より大切な〇〇からするべき理由とは

皆さんこんにちは、広島にあるゴルフストレッチ専門パーソナルジム カートレスタジオです。

https://www.instagram.com/turtle_fitness/ がオーナーのパーソナルジムです。

当スタジオでは、ゴルフコンディショニングスペシャリストの有資格者が提供する、ゴルフストレッチプログラムがとても人気です。

今回は、ゴルフスイングにはストレッチをしなければなかなか上達はしないということについて解説していきます。

結論から申しますと、ゴルフに必要なストレッチを行うことで、ゴルフは上達していきます。

体が大きく回る時ほどスイングは上手くいく

よくお越しいただけるお客様は、ゴルフのラウンド前やラウンド後にストレッチに来られ、ラウンド前のケアやラウンド後のケアをされておられます。

ゴルフはどうしても体を回すスポーツであるため、運動する前や後にストレッチをするのと同じように、ラウンドの前に体が回るようなコンディションを整えておくこと、しっかり使ったラウンド後にも体が硬くならないように伸ばしておくことが大切になってきます。

練習場によくいかれる方や、ラウンドにいかれる方は、ほとんどの方がお気づきでしょう。

体が温まっている方がスイングがうまくいくということです。

よく打ちっぱなし場に行かれる方は、朝一にいかれる場合よりも、午後からや夜にいかれる方がボールがまっすぐ行きやすいなんて気づいた事はありませんか?

朝1のドライバーショットよりも、午前中の後半の方がドライバーがうまくいったり、よく飛んだなんてこともあると思います。

これは、感覚が掴めてきたということだけ例える事は難しく、体が温まり回りだしたということの要因でうまくいったことの方が大きいです。

自分よりも年配の方のスイングをどこかしらで見られた事は必ずあると思います。

例えば、練習場で見かけたり、前の組で回られている方が年配の方だったことなどあると思います。

ほとんどの方が変わったフォームをされていると思います。

これは変わったフォームを昔からしていたわけではなくて、体が硬くなり、そのようなフォームになってしまっている状態です。

誰もが少しずつそのようなフォームになっていくのが普通です。

もし日々運動やストレッチなどを行わず、ゴルフは好きでやっている。そういった場合は必ず飛距離が落ちスイングフォームが変わり、ボールが乱れ始めてきます。

そうならないために日々行っていく事はストレッチです。

体が回らなければ、クラブを振ることも難しくなります。

肩や背中の可動域が狭くなってくると、体が回らず、飛距離も落ちてきます。

そうならないためにも、日々ストレッチを行うことがとても大切になってきますが、難しいのが自分ではなかなか筋肉が伸びにくいということです。

体が柔らかくないとできないスポーツを昔からやっている人の場合、現在も日々ストレッチを行っていることが多く、そういった方は自分でストレッチのケアができます。

そういった方以外の多くは、体がどうしても硬くなり、自分でストレッチをしようと思っても痛いばかりで、全然筋肉が伸びる感覚はなかったりします。

そこで大切になってくるのがカートレスタジオで行っているストレッチプログラムです。

適切にストレッチを行い、ゴルフに必要な可動域や柔軟性を確保するメニューもあれば、ペア。ストレッチでこちらが筋肉をゆっくり伸ばすメニューもあります。

人によってはラウンド前日にすることで、翌日体に筋肉痛のような症状や痛みを伴うこともあるため、慣れるまでの前日のストレッチプログラムはお勧めしていません。

2、 3日前ぐらいに来られるのが、限りなくベストコンディションを作りやすくなります。

そして、ラウンド後に使った筋肉をしっかり伸ばしに来ていただくことで、筋肉を柔らかく修復させ、次のラウンド時にコンディションを整えていくことが可能になってきます。

趣味でゴルフをやっているとしても、うまくいかないまたは楽しめないとなると嫌になりますよね?

要するに、趣味でゴルフをやっている場合も、これは個人スポーツであるため、毎回プロ意識を持ってコンディションを整えていくことがこれからもずっとゴルフを楽しむための要素になってきます。

もちろん適度にお酒を飲みながらやることも悪くは無いですが、柔軟性以外には下半身を踏ん張る力、体を回転させるパワーも必要となるため、緩めるところは緩め力を入れるとこは入れなければいけないということから、お酒を飲んで調子が上がる人もいれば、調子が悪くなる人ももちろんいます。

どちらにしても、ゴルフをやっていくことにおいて、体はどんどん硬くなっていくため、柔軟性を確保していくことと言うのはとても重要になります。

カートレスタジオのゴルフストレッチでは飛距離が上がります。

クラブを大きく振る時と小さく振る時で、距離が違うのは皆さんもご存知だと思います。

基本的には体が回る人ほど回転が生まれ、パワーが生まれるため、飛距離は伸びる傾向にあります。

そういったことからゴルフストレッチ、プログラムを受けられている方も多く、飛距離が伸び、その結果スコアが上がったと言われる。お客様ととても多くおられます。

単純に考えると、飛距離が落ちて前から回れられている方が1人が伸びると後からでも同じようなスコアが出せるようにまた戻ってくると言うことです。

ストレッチと言うのも体を伸ばす際に、どうしても筋肉に痛みが多少は生じますが、これは日々行っていくことで、筋肉の鈍化が大きい筋肉が伸ばされることが痛いのではなく、痛気持ちいいと言うふうに変わり、筋肉がどんどん伸びていき可動域が上がっていきます。

そこをさらに筋肉の鈍化が起きてくると、筋肉が伸ばされる際は、気持ち良いと言う感覚になってきます。

その状態が作れてくると、後はパワーをつけていくだけで、飛距離はさらに伸び、ゴルフスイングも安定してきます。

そういったことから、カートレスタジオのゴルフストレッチプログラムでは、筋肉を伸ばす以外にゴルフに必要な筋力バランスを整えるトレーニングも行っています。

もちろんのことですが、体を回すパワーが強ければ強ほどクラブをフルスピードに力が伝わり、ヘッドスピードの向上にもつながります。

週に1、2回のペースでストレッチプログラムをされている方が多く、やはりゴルフの上達が見込めてきたと言う方がとても多いです。

その定期的なストレッチプログラムに加えて、ラウンド前日にもお越しいただくことで、ラウンド中の体が回転がスムーズになり、当日の安定したゴルフプレーに再現性が出てきます。

当スタジオのゴルフプログラムについてはこちら→ https://golftraining-hiroshima.jp/

その他の投稿はこちらもご覧ください→ https://golftraining-hiroshima.jp/blog/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【こちらの記事も参考にしてください】

上達しない理由は筋力の低下

ゴルフの飛距離アップに向けた筋トレメニューとトレンドアイテム

ゴルフトレーニングをするとスコア上がらない原因を解決出来る

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ゴルフスイングに必要な能力を総合的に高めるプログラムが、当スタジオの【ゴルフコンディショニング】です。

https://golftraining-hiroshima.jp/program/golf-conditioning/

  1. パーソナルトレーニング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP