ゴルフでダフる原因はスイングよりトレーニング不足にある

皆さんこんにちは、広島にあるゴルフ×パーソナルトレーニング カートレスタジオです。

https://www.instagram.com/turtle_fitness/がオーナーのパーソナルジム

当スタジオでは、ゴルフコンディショニングスペシャリストの有資格者が提供する、ゴルフコンディショニングプログラムがとても人気です。

パーソナルトレーニングもございますので、ダイエット目的の方にもおすすめです。

その他の投稿はこちらもご覧ください→ https://golftraining-hiroshima.jp/blog/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【こちらの記事も参考にしてください】

ゴルフでスライスが出てしまう原因

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここ1番の時に、ダフってしまった事は誰でもありますよね。

アプローチの時にダフってしまう。

誰でもそんな悔しい思いをした事はあると思います。

その結果、打ちっぱなし場に行き、たくさん練習をする。そんな経験ありますよね。

ですが、打ちっぱなし場は芝ではなくマットなため、ダブることがまずありません。

逆に、ラウンド中は芝なため、アイアンが刺さってしまう、そこに加えて、打ちっぱなし場とは違い、常に足元がまっすぐではないため、左右の足元に体重を均等に合わせなければいけなかったり、それに合わせて上半身も同じように傾けなくてはいけません。

その場合、どうしても下半身の筋力が弱い場合、足の重心の掛け方がおかしかったり、体が早く浮き上がってトップになってしまったり、体に軸がない場合、うまく捻転ができず、ダフってしまう。

そのような原因の多くは、スイングではなく、筋力と体の使い方に原因があったりします。

これは考えて体ができるものではなく、日々のトレーニングから体が身に付いていくものです。

そこで今回は

アイアンでのダフる原因として、筋力不足や体の使い方に問題がある理由を5つ解説します。

1.下半身の筋力不足 アイアンショットでは、しっかりとした下半身の力が必要です。足や腰の筋力が不足していると、打球が上手く上がらず、ダフルの原因になります。

2.体の重心移動の不足 ショットの際に体の重心をうまく移動させることができないと、ボールをダフってしまうことがあります。体の使い方が適切でないと、ダフルのリスクが高まります。

3.ハンドアクションの過剰 手首や腕を過度に使い、スイングをコントロールしようとすると、ヘッドがボールにアタックしきれずに地面を打つことがあります。この過度なハンドアクションは筋力不足や体の使い方の問題を示唆しています。

4.腹筋の弱さ 腹筋が弱いと、スイング中に体がふらついてしまい、一貫したショットが難しくなります。体幹の弱さはアイアンショットでのダフルの原因となることがあります。

5.スイングのリズムの乱れ 体の使い方が適切でないと、スイングのリズムが乱れやすくなります。スイングのリズムを保つことが難しいと、ヘッドがボールに適切に合わせられず、ダフルが生じることがあります。

これらの要因は筋力不足と体の使い方の問題から引き起こされるものであり、ゴルフトレーニングでこれらの点を改善することで、アイアンでのダフルを減少させることができてきます。

カートレスタジオでは

ゴルフトレーニングによって、プレッシャーや緊張感をコントロールするスキルを身につけることができるため、リラックスした状態でプレーし、力んでしまう原因を軽減し、結果的にスコアアップにつながる可能性が高まります。

これらの能力を総合的に高めるプログラムが、当スタジオの【ゴルフコンディショニング】です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP