ゴルフスイングが上手くならない原因はトレーニング不足

皆さんこんにちは、広島にあるゴルフ×パーソナルトレーニング カートレスタジオです。

https://www.instagram.com/turtle_fitness/ がオーナーのパーソナルジム

当スタジオでは、ゴルフコンディショニングスペシャリストの有資格者が提供する、ゴルフコンディショニングプログラムがとても人気です

パーソナルトレーニングもございますので、ダイエット目的の方にもおすすめです。

その他の投稿はこちらもご覧ください→ https://golftraining-hiroshima.jp/blog/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【こちらの記事も参考にしてください】

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回はゴルフスイングに必要な筋肉について解説します。

ゴルフスイングをするときには、様々な筋肉を同時に使う必要があるのですが、筋肉には可動域が関係しているため、柔軟性も必要となってきます。

要するに、1番良いのは筋肉もあり、柔軟性もある。そういった使える筋肉を持っていると良いということです。

日常的に歩くだけでは、筋肉がつかないのと同じように、体を回すスイングだけでは筋肉はつきません。

そして、ゴルフスイングのする際は、下半身を安定させるために膝を少し曲げたり、体を前傾させた状態で捻転をする必要があるため、腹筋や背筋も必要となってきます。  

この筋肉が弱いとどうしてもスイングは毎回安定しません。

もちろん、プレイ中にはラッキーもあり、スコアが良い時もあるかもしれませんが、基本的に今よりもゴルフを楽しむためには、体を作る必要があります。

なぜなら、ゴルフのために今トレーニングをしていかないと、今後筋力が衰えていくばかりで、スコアもスイングもプレーも全て悪くなっていきます。

ゴルフの経験が多ければ多いほど、上手になると言う競技ではありません。

若い選手は、年配の選手よりもゴルフの経験もへラウンド回数も全て少ないはずなのに、スコアが良いのはなぜなのか。

それはゴルフで必要な体作りを小さい時からやっているからです。

体を作らないとゴルフのプレーはうまくいかないのは確かです。 

プロゴルファーも、オフシーズンはゴルフクラブを握らずに、メンタルトレーニングや、筋力、トレーニング、バランス感覚、リズム、運動やラケットを振る、そのような全く違うことをやっていたりします。

ゴルフをやればやるほど上手になるならば、年配の選手の方が上手なはずですが、筋力のバランスや柔軟性、そういったことが関係しているため、上手になる人もいれば、下手になる人もいます。

もし思うように、ラウンド中にプレイができないと感じたことがあれば、練習上に行く時間をトレーニングに当てるのも良いことだと思います。

ゴルフのスイングが安定しない理由はさまざまですが、その中でも最も影響を与える可能性のある筋肉について説明します。

1.背中の筋肉 (広背筋や僧帽筋) ゴルフスイングでは、背中の筋肉が重要な役割を果たします。これらの筋肉が弱くなると、スイング中に適切なバックスイングやフォロースルーが難しくなり、一貫性のあるスイングが難しいです。

2.体幹筋 (腹筋や腰の筋肉) 体幹筋はスイングの安定性に直結します。弱っていると、体のバランスが崩れやすく、スイングの軌道が安定しないことがあります。

3.下半身の筋肉 (大腿四頭筋やヒラメ筋) ゴルフスイングは下半身の力も重要です。特にダウンスイング時に下半身の筋肉を十分に活用できないと、ボールを遠くに飛ばす力を失うことがあります。

4.肩の筋肉 (三角筋や菱形筋) スイングの際に肩の筋肉が関与し、クラブの正しい軌道を保つ役割があります。肩の筋肉の低下はクラブヘッドの適切な軌道を維持する難しさに繋がります。

5.柔軟性を保つ筋肉群 (ハムストリングや股関節周りの筋肉) ゴルフは体の柔軟性が求められるスポーツです。柔軟性を保つ筋肉が硬直すると、スイングの幅や動きが制限され、正しいフォームを保つことが難しくなります。

スイングがまとまらない、スコアが良い時と悪い時の差が激しいなど、これらの筋肉が弱い、またはバランスが悪いなどの原因がゴルフのスイングに影響しています。ゴルフに特化したトレーニングやストレッチを通じて、これらの筋肉の強化と柔軟性の向上を図ることで、スイングの安定性を高めることができ、今よりもゴルフを楽しくプレー出来てきます。

ゴルフトレーニングによって、背中や体幹、下半身の筋肉を強化し、肩の柔軟性を保つことができるため、スイングの安定性が向上し、一貫性のある上手なゴルフプレーが可能となります。

これらの能力を総合的に高めるプログラムが、当スタジオの【ゴルフコンディショニング】です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP