ゴルフトレーニングをすると腰を切る事ができ飛距離やスコアが上がる

皆さんこんにちは、広島にあるゴルフ×パーソナルトレーニング カートレスタジオです。

https://www.instagram.com/turtle_fitness/ がオーナーのパーソナルジム

当スタジオでは、ゴルフコンディショニングスペシャリストの有資格者が提供する、ゴルフコンディショニングプログラムがとても人気です😊

パーソナルトレーニングもございますので、ダイエット目的の方にもおすすめです。

その他の投稿はこちらもご覧ください→ https://golftraining-hiroshima.jp/blog/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【こちらの記事も参考にしてください】

ゴルフトレーニングをするとスコア上がらない原因を解決出来る

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ゴルフがなかなか上達しない、良いスイングもあれば悪いスイングもある。

誰でもこんな悩みを少しを抱えていると思います。

打ちっぱなし場では、うまくいくのにコースでは思うようにスイングができない。

そんなこともありますよね。

これって実は練習不足ではなく、スイングに必要な体が使えてないことが原因なんです。

体を動かしながらスイングをするため、どうしても筋肉が必要です。

そこに加えて、体を動かすには可動域ということがあり、柔軟性も必要になってきます。

これらのバランスが整った状態でスイングを練習すると、みるみる上達していけるんです。

もしあなたがゴルフのためのトレーニングをしていなくて、練習場への練習やラウンドをしているだけなら、今からでもトレーニングを始めることで伸びしろしかありません。

スイングの練習ばかり行えば、上手になるように思うかもしれませんが、スイングだけで筋力をつける事はまず不可能です。

ゴルフが上手な人や、ティーチング、プロは、ゴルフスイングに力が入らないという人も多いかもしれませんが、そのレベルまで行った人だからそう思うだけで、必ず筋力が入ります。

何故かと言うと、スイングの時は腰を切らなければいけないからです。

腰が切れないということは手打ちになってしまうと言うことです。

目をつむったままでも、ボールを当てることができるのなら良いですが、それはなかなか至難の技ですよね。

普通の人は、ボールをしっかり見ながらスイングをしなければいけません。  

基本的にスイングは、バックスイングもダウンスイングも【下肢→体幹→上肢】の順に体を動かします。

ボールをしっかり見る時間があります。

腰が切れない場合は、バックスイングもダウンスイングも【上肢+体幹】と言う感じで、腕と体幹(胴体)が同時にスイングをしている状態になります。

その場合に良く感じる事は、ボールがあまり見えてないと言うことです。

ヘッドアップしてしまう原因や、トップをしてしまう原因も、この腰が切れてないと言うこともあります。

スイングの流れの中で、基本的には6動作あるのにもかかわらず、腰が切れていない場合は2動作になってしまいます。

それだけボールを見る時間がないのは当たり前ですよね。

どんなにスイングの練習をしても、腰が切れないスイングの練習ばかりになり、いつになってもゴルフは上達しません。

ゴルフスイングで腰を切るためには、特定のトレーニングが必要な理由にを5つあげます。

1.コアの強化  腰を切る動作は体幹のコア(腹部や背中の筋肉)の強さに影響されます。コアが強くなると、腰を効果的に切るための安定性が向上し、スイングの制御が容易になります。

2.適切な回転 腰を切ることで体が適切に回転し、クラブのスイング軌道が適切な角度を保つことができます。腰の柔軟性と力強さを高めるトレーニングによって、正しい回転を実現できます。

3.飛距離と正確性の向上 腰を切る動作はクラブヘッドのスピードや飛距離に影響を与えます。腰を切る力を増すことでボールを遠くに飛ばす能力が向上し、同時に正確性も高まります。

4.姿勢の改善 腰を切るためには適切な腰の柔軟性が必要です。トレーニングによって腰回りの筋肉や関節の柔軟性が向上すれば、より正しい姿勢を保ちながらスイングすることが可能です。

5.スイングの一貫性  腰を切ることはスイングの一貫性にも影響します。適切な腰の使い方を身につけることで、スイングのフォームやリズムが安定し、安定したスコアが期待できるようになります。

これらの理由から、ゴルフスイングを上達させるには腰を効果的に使えるようなトレーニングが必要です。

主に腹筋群のストレッチやトレーニング、リズムスイング、下半身の筋力強化などを行いゴルフのスイング上達のレッスンを行っています。

これらの能力を総合的に高めるプログラムが、当スタジオの【ゴルフコンディショニング】です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP