ゴルフ上達はスイングレッスンより柔軟性が先な理由5選

皆さんこんにちは、広島にあるゴルフ×パーソナルトレーニング カートレスタジオです。

https://www.instagram.com/turtle_fitness/ がオーナーのパーソナルジムです。

当スタジオでは、ゴルフコンディショニングスペシャリストの有資格者が提供する、ゴルフコンディショニングプログラムがとても人気です。

ゴルフ始めた手や、なかなか100を切ることができない。一般ゴルファーやエンジョイゴルファーは、まずゴルフのスイングレッスンを習う方とても多いと思いますが、大切なのはスイングの際に使う体作りです。

何故かと言うと、体が硬い場合クラブを振ることが難しく、筋力のバランスが悪い場合、ゴルフスイングの際に変な力みを生じてなかなかスイングが安定しないんです。

要するに、スイングを習う前に、まず体を作ることが1番先になります。

男性は適度に筋トレをしている人も多く見受けられますが、普通の筋トレとゴルフのトレーニングでは全く内容が違い、むしろ通常の筋トレがスイングの邪魔をすると言うこともあり得ます。

カートレスタジオでは、ゴルフのスイングに必要な体作りを下記の画像のように段階的に作り込んでいきます。

トレーニングと言うと、キツイようなイメージもありますが、基本的にゴルフに使うカルタ作りは柔軟性がメインとして、そこにクラブを振る際の体作り、シングスピードや1人を上げるためのパワーアップトレーニング、そういった段階を踏んでいくので、どのような年代の方や体力の方でもレッスンを行うことができます。

パーソナルトレーニングもございますので、ダイエット目的の方にもおすすめです。

今回はスイングの際に柔軟性が必要な理由を5つに分けて解説しています。

なかなかスイングが上手くならない人の多くはここに問題があります。

1. スイングの幅広い動き

ゴルフのスイングは、君が力強くて効果的なショットを打つために全身を使った広い振り幅が欠かせないんだ。なぜって?それはいくつかのポイントがあるんだよ。

まず第一に、振り幅が大きければ大きいほど、クラブにかかるエネルギーも増すんだ。君の全身を使って広く振り切ることで、ボールに力強く当てることができ、飛距離やショットのパワーが格段に向上するんだ。

そして、広い振り幅はクラブヘッドスピードに直結している。クラブヘッドが速ければ、ボールにかかる力も強まり、結果として飛距離やコントロールが向上する。振り幅を柔軟に調整できれば、どんなシチュエーションでも最適なクラブヘッドスピードをキープできるようになる。

振り幅が広いことは、スイングの一貫性と安定性にもつながるんだ。同じ振り幅を保つことで、スイングが安定し、ショットの予測性が向上する。柔軟性があると、一貫性を大切に保ちながら、自分に合った最適な振り幅を見つけやすくなるよ。

最後に、広い振り幅はスイングプレーンの確立にも役立つ。スイングプレーンが正確で一直線になると、クラブがより理想的な軌道を描き、ショットの精度が向上するんだ。柔軟性を活かしてスムーズにクラブを振り、最適なスイングプレーンを追求しよう。

だから、柔軟性はゴルフのスイングにおいて不可欠なんだ。君の柔軟性を高めるトレーニングやストレッチを取り入れ、広い振り幅を手に入れ、力強く、正確なショットを目指そう!

2. 回転の要素

ゴルフのスイングでは、君の上半身や肩、腰の柔軟性が非常にキーポイントになるんだ。なぜって?それは回転がスイングにおいて極めて重要だからさ。ここに重点をおいて話そう。

まず、上半身と肩の柔軟性があれば、回転の幅が広がり、スイングがより効果的になるんだ。ショットの精度や飛距離に直結するから、しっかりと柔軟性を養うことが大切だよ。

次に、柔軟な腰の動きがスイングにおいて大きな役割を果たす。良い回転をするには、腰を柔軟に使って全身を連動させることが必要だ。これにより、スイングがより自然に感じられ、体の負担も軽減されるよ。

そして、柔軟性があることで回転のスムーズな移行が可能になる。回転の要素が多いゴルフのスイングでは、柔軟性がなければこれが難しくなる。スムーズで効果的な回転ができるよう、柔軟性を重点的に鍛えよう。

最後に、柔軟性が良ければスイングの一貫性も向上する。同じ柔軟性を維持することで、スイングが一貫して、そして自然になる。これがショットの安定性やコンスタントなパフォーマンスに繋がるんだ。

だから、上半身や肩、腰の柔軟性を大事にしよう。柔軟性を高めるためのストレッチやエクササイズを取り入れながら、回転の美しさと効果を感じる素晴らしいスイングを目指していこう!

3. 正確なアドレスポジション

スイングの出発点、アドレスポジションはショットの成功において決定的なポイントなんだ。そこで柔軟性が重要になる理由をしっかり理解しよう。

まず、アドレスポジションでの柔軟性があれば、正確で安定したポジションを取りやすくなるんだ。なぜなら、柔軟性があれば自分の体に合った最適なポジションを見つけやすく、そこからスイングを始めることができるんだ。

そして、正確で安定したアドレスポジションはスイングの一貫性を保つ鍵なんだ。同じポジションからスイングを始めることで、毎回同じ振り幅や軌道を実現しやすくなり、ショットの一貫性が向上するんだ。

また、アドレスポジションでの柔軟性は調整のしやすさにも影響する。さまざまなクラブやシチュエーションに対応するためには、柔軟にポジションを微調整できることが大切だよ。

だから、アドレスポジションの柔軟性を高めるトレーニングやストレッチを積極的に行おう。自分の体に合った最適なアドレスポジションを見つけ、一貫性のあるスイングを身につけていこう。

4. 複雑な体の動きへの対応

ゴルフはスイングだけでなく、バンカーショットやアプローチショットなど、複雑な動きがたくさんあるんだ。これらには柔軟性が不可欠で、なぜなら柔軟性があれば、様々な状況にスムーズに対応できるからさ。

まず、バンカーショットでは砂地からのショットが必要だよね。柔軟性があれば、体を柔軟に動かして砂地に挑むことができ、正確で高いテクニックが身につくんだ。硬直した体では難しいこのショット、柔軟性を活かしてスムーズにこなそう。

そして、アプローチショットでは距離感やクラブの使い分けが求められる。柔軟性があれば、様々なクラブを使いながら正確にショットすることができ、ピンにボールを寄せやすくなるんだ。変化に富んだショットへの柔軟な対応が必要だよ。

これらのショットでは、体の動きが非常に重要だから、柔軟性がないと限定されてしまうんだ。柔軟性を高めるためのトレーニングやストレッチを日常的に行い、幅広いショットに対応できるようにしよう。それがより充実したゴルフライフへの一歩だよ。

5.効果的なフォロースルーの確保

ゴルフのスイングでは、ショットの最後を飾るフォロースルーが重要なんだ。その理由をしっかりと理解して、柔軟性がフォロースルーにどれほど影響を与えるかを見ていこう。

まず、柔軟性があると、スイングの終わりでの体の動きが滑らかになるんだ。フォロースルーの際に無理なく体を動かせれば、ショットの完成度がアップし、ボールのコントロールがしやすくなる。柔軟性があれば、体が制約されずにスムーズにフォロースルーを行うことができるよ。

次に、効果的なフォロースルーはスイング全体の完成度と安定性に寄与するんだ。柔軟性があることで、スイングが最後まで安定して続き、良いポジションでフィニッシュできる。これがスイングの一貫性を保ち、パフォーマンスを向上させる秘訣なんだ。

逆に、柔軟性が不足すると、スイングの最後で制約を感じやすくなる。体が硬直してしまうと、フォロースルーが不自然になり、ショットの精度や飛距離が低下してしまう可能性があるんだ。

だからこそ、柔軟性を高めるためのストレッチやトレーニングを欠かさず行おう。良いフォロースルーはスイング全体の締めくくりであり、柔軟性がその鍵を握っているんだ。

当スタジオのゴルフプログラムについてはこちら→ https://dietkintore.com/clp/golf-training/

その他の投稿はこちらもご覧ください→ https://golftraining-hiroshima.jp/blog/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【こちらの記事も参考にしてください】

上達しない理由は筋力の低下

ゴルフの飛距離アップに向けた筋トレメニューとトレンドアイテム

ゴルフトレーニングをするとスコア上がらない原因を解決出来る

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ゴルフスイングに必要な能力を総合的に高めるプログラムが、当スタジオの【ゴルフコンディショニング】です。

  1. ゴルフトレーニング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP