ゴルフでダフる原因はトレーニング不足にある

皆さんこんにちは、広島にあるゴルフ×パーソナルトレーニング カートレスタジオです。

https://www.instagram.com/turtle_fitness/ がオーナーのパーソナルジムです。

当スタジオでは、ゴルフコンディショニングスペシャリストの有資格者が提供する、ゴルフコンディショニングプログラムがとても人気です😊

パーソナルトレーニングもございますので、ダイエット目的の方にもおすすめです。

今回は、ゴルフでのダフりについて解説します。

ダブル原因として様々なことがありますが、スイングや傾斜、ボールの位置といった応用ではなく、まず根本の事から紐解いていくと、スイングの際の体の使い方に原因があります。

ダフる原因の根本は筋力不足にある

ゴルフに使う正しい筋肉があれば、体を捻ってクラブをボールに当てるだけですが、

体幹が弱いことから、体がちゃんとねじれていない、下半身が弱いことで体が上下に動いている、体がうまく回らないためボールを見れていない。

そのような原因があります。

ゴルフでのダフる(ショットが地面に当たること)の原因が筋トレ不足に関連している理由は以下の5つです。

1.下半身の強化不足

ダフルの原因の一つは、スイングの際に下半身の動きが不十分なことがあります。特に大腿部やヒップの筋肉が十分に発達していないと、適切な体重移動や軸足の安定性が維持できず、ヘッドが地面に当たる可能性が高まります。

2.コア(体幹)の弱さ

ゴルフスイングは体幹の安定性が求められます。腹筋や背筋などのコアの筋肉が十分に鍛えられていないと、スイング中に適切な体の軸を保つことが難しくなり、ヘッドの位置が安定しないためダフルの原因になります。

3.バランスの欠如

筋トレ不足がバランス感覚の低下をもたらすことがあります。スイング中にバランスを保つために必要な筋肉が弱い場合、ボールを正確に打つことが難しくなります。

4.クラブのコントロール不足

ダフルはスイングのタイミングやクラブのコントロールの問題も関連しています。筋トレを通じて筋力を高めることで、クラブをコントロールする能力が向上し、ダフルのリスクを減少させることができます。

5.疲労の影響

ゴルフは持久力を必要とするスポーツです。筋肉が疲れている状態でスイングを行うと、正確なスイングが難しくなります。十分な筋トレを行わないと、ラウンド中に疲労が蓄積しやすく、ダフルを引き起こす可能性が高まります。

これらの理由から、ゴルフにおいては適切な筋トレが重要であり、筋力や体のバランスを向上させることでスイングの安定性やパフォーマンスが向上することが期待されます。

その他の投稿はこちらもご覧ください→ https://golftraining-hiroshima.jp/blog/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【こちらの記事も参考にしてください】

ゴルフトレーニングをするとスコア上がらない原因を解決出来る

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ゴルフスイングに必要な能力を総合的に高めるプログラムが、当スタジオの【ゴルフコンディショニング】です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP