ゴルフでシャンクが出る原因はトレーニングで解決できる?

皆さんこんにちは、広島にあるゴルフ×パーソナルトレーニング カートレスタジオです。

https://www.instagram.com/turtle_fitness/ がオーナーのパーソナルジムです。

当スタジオでは、ゴルフコンディショニングスペシャリストの有資格者が提供する、ゴルフコンディショニングプログラムがとても人気です😊

パーソナルトレーニングもございますので、ダイエット目的の方にもおすすめです。

今回は、シャンクの出る原因がスイングではなく、体の使い方に原因があることについて解説します。

なかなかスイングが安定しない人の多くは、筋肉の可動行きや筋力の不足が原因にあります。

なぜなら、スイングは体を動かしてクラブを振るため、スイングの練習ばかりしても、体がうまく動かない場合はミスが治りにくいです。

ドライバーやアイアンでシャンクが出て焦った事はありませんか?

なぜだろうなんでだろうと考えているとまた同じミスを1.2回してしまいやすいですよね。

私は、なぜかゴルフを始める前からいろいろトレーニングしていたからか、空手をずっとやっていたからかわからないですが、シャンクが出たことがないんです。

ミスショットが出たときに、体の使い方をあれこれ考えてもなかなか分かりませんよね。

実は、すごくシンプルに考えると、腰を回し、体幹が回り、最後に腕が上がっていきます。

次に、腰が回り、体幹が回り、腕が下りて来ます。

その動作にクラブが勝手についてくるようなイメージでスイングをすると、普通にタイミングが合い真っぐ飛びます。

ですが、そんな簡単なもんじゃないって普通は思いますよね。

それは、筋力や柔軟性、可動域などが関係しているからです。

そこだけでも改善していくと、ミスショットは確実に減ってきます。

シャンクが出る原因も、スイングをあると感じますが、スイングは体の動かし方があって動作なので、やはりトレーニングをすることで確実にミスが減ります。

ゴルフでシャンクを減らすにはトレーニングがオススメ

1.筋力とコントロールの向上

適切な筋力トレーニングにより、体全体の筋肉が強化され、クラブヘッドをよりコントロールしやすくなります。これによってスイング中のクラブの動きを正確に制御し、シャンクを防ぐことができます。

2.バランスと安定性の向上

バランス感覚を高めるためのトレーニングは、スイング中の体の安定性を向上させる助けとなります。適切なバランスを保つことで、クラブヘッドが安定し、ボールに正確に当てることができます。

3.柔軟性の増加

スイングの幅や深さを制御するためには、適切な柔軟性が必要です。ストレッチや柔軟性の向上を促すトレーニングは、スイングの幅を広げ、シャンクのリスクを減少させるのに役立ちます。

4.適切な体の使い方の習得

ゴルフスイングは複雑な動作であり、正しい体の使い方を習得することが重要です。プロの指導を受けながらトレーニングを行うことで、スイングメカニクスを改善し、シャンクを減少させることができます。

5.プレッシャーへの耐性の向上

ゴルフはメンタルな面も重要です。トレーニングによって自信をつけ、プレッシャー下でも正確なスイングを維持できるようになることで、シャンクを回避することが可能です。

これらの理由から、適切なトレーニングを通じてゴルフスイングの質を向上させることで、シャンクの問題を克服することができます。

その他の投稿はこちらもご覧ください→ https://golftraining-hiroshima.jp/blog/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【こちらの記事も参考にしてください】

ゴルフトレーニングをするとスコア上がらない原因を解決出来る

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ゴルフスイングに必要な能力を総合的に高めるプログラムが、当スタジオの【ゴルフコンディショニング】です。

  1. ゴルフトレーニング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP